【 PCのマルチディスプレイとは?端子の種類と方法を解説 】

さまざまなPC作業に便利なマルチディスプレイ

PC作業をしている時に、画面がもっと広ければいいなと思ったことはありませんか?
そんな時に便利なのがマルチディスプレイです。
この記事では、マルチディスプレイとは何か、また、ディスプレイを繋げるための端子や方法についてご紹介します。

目次

 

マルチディスプレイとは?


マルチディスプレイとは、PCにPCとは別のモニターをつなげて2画面以上にすることです。
2画面にすることをデュアルモニター(デュアルディスプレイ)、2画面以上にすることをマルチモニター(マルチディスプレイ)と言います。

複数のウィンドウや画像などを開いても重ならずに見ることができて作業が効率化できます。

接続用の端子(ポート)の種類


マルチディスプレイをつかうにはまず端子が必要です。今使っているPCがどんな接続端子で動くのかを知っておきましょう。ここでは「HDMI」、「DisplayPort& Mini DisplayPort」、「Type-C」、「DVI」について紹介します。

HDMI

機械同士を接続する映像信号・音声信号・操作信号を同時に送ることができます。
 PCやテレビに接続することが可能です。デジタルデータも圧縮しないで送れます。注意点としては、ミニHDMIやマイクロHDMIがあることです。ミニHDMIは、カメラやビデオカメラ向け、マイクロHDMIはスマートフォンやタブレット向けなので、間違えないように注意しましょう。代表的なHDMIについて紹介します。

 

PCだけではなく、PS4などのゲームに使えるのがいいですね。


DisplayPort& Mini DisplayPort

DisplayPortは、デジタルディスプレイインターフェースの標準規格です。またDisplayPortは、外付けの液晶ディスプレイの映像を入力と出力ができます。
コンピューターの電源が入っている状態でも、部品に損傷を与えることなく接続または切断が可能です。主にMacのパソコンに使います。
また、Mini DisplayPortは、DisplayPortを小さくしたもので性能的には変わりはありません。

Amazonで売られている0.9mのケーブルです。金メッキコネクタで耐久性が抜群ですね。


Type-C

USB Type-Cとは、USBの次世代規格で使われている新しいコネクタ規格です。USB Type-Cはかなり普及していて、PCやタブレット、スマートフォンで使われています。またUSB Type-Cコネクタは、上下左右対称です。つまり、どちらの向きでも挿し込めます。

USB Type-Cの商品です。長さも0.3mから3.0mまで選べるのが良いですね。


DVI

PCとディスプレイをつなぐ規格です。HDMIが映像と音声を送れるのに対して、DVIは映像のみしか送れません。端子の特徴としては、DVIをつなぐ端子に多くの穴があります。PCからデジタル信号を送るための規格は、以下の3種類です。

・DVI-I デジタル信号とアナログ信号、両方使える。
・DVI-D デジタル信号のみ。
・DVI-A アナログ信号のみ。現在はほとんど使われていない

DVI-Dケーブルですね。三重ケーブル構造でしかも800円程度で買えてお得です。


マルチディスプレイにする設定


Windowsでの接続設定

マルチディスプレイにする設定します。ここでは、WindowsでのHDMIの接続について説明します。ここで注意点ですが、必ず対応したケーブルを使用してください。


(1) HDMIケーブルをPCとモニター接続

(2)モニターの電源ケーブルとPCモニターの電源を入れる。

(3)PC上のデスクトップが画面と右クリックし、ディスプレイ設定をクリック。

(4)「ディスプレイ設定」画面の下の方に、「マルチディスプレイ」の項目があるので、その広告を「表示画面を拡張する」を選択。

(5)するとモニターとPCに別々の画面が出てくる。


Macでの接続設定

次にMacでの接続について説明します。Windowsと端子が異なるので気を付けましょう。


(1) まずは、MacのPCとモニターを接続します。Windowsでも言いましたが、対応する端子の種類がことなるので注意。

(2)次に、アップルのマークから環境設定を開きます。「システム環境設定」を開いたら、「ディスプレイ」を選択。

(3)「ディスプレイ」画面の配置タブで「ディスプレイのミラーリング」のチェックボタンを外す。

(4)「ディスプレイ」タブの解像度で「ディスプレイのデフォルト」になっていることを確認。

(5)「調整」タブでディスプレイの調整をする。モニターをPCの左に配置するか、右に配置するかを好きな位置にする。



↑ PAGE TOP